パーティ、宴会用ゲームのおすすめ一覧


コイン回し

手順
1.3人ずつのチームに分かれ、両チームの3人は横に並び、相手チームと向かい合って座ります。

2.ジャンケンで先攻後攻を決めます。勝ったチームは、端の人がコインを手のひらを合わせて隠し、ゲームをスタートします。

3.もう1つのチームは相手チームの手に注目し、コインが誰の手にあるか推理します。

4.コインを1往復させるしぐさを終えたあとに、誰がコインを持っているか答えます。当たっていたら、次のチームがコイン回し、間違っていたらもう一度同じチームが行います。

相手をだましとおす演技力が問われる宴会用ゲームです。

古今東西ゲーム

手順
1.参加者はお互いが見渡せるように輪になってすわり、ジャンケンで最初のお題を出す人を決めます。

2.最初の人は「古今東西○○」とお題を発表し、続けてお題に沿った答えを1つ言いながら、次のターゲットの人に向けて風船を打ちます。

3.風船が飛んできてキャッチした人は、同じように答えを1つ言った後、さらに次のターゲットに向けて風船を打ちます。

4.風船が下に落ちたり、お題に答えられなかった人は負けになり、戦線離脱となります。

雑学力が問われるゲームとなっています。


世界のおみやげジェスチャーゲーム

手順
1.参加者はジェスチャーをする順番を決めます。

2.司会者の合図でゲームを開始し、世界のおみやげを書いたスケッチブックをジェスチャーをする人だけに見せます。

3.出されたお題をジェスチャーする人は動作だけで表し、同じチームの人が答えを予想して答えます。
正解したら、ジェスチャーする人が代わり、ジェスチャーをした人は答えるほうに回ります。

4.すべてのお題を答え終わった時間を競い、一番早いチームを勝ちとします。

意外に難しいジェスチャーダンス。

聖徳太子ゲーム

手順
1.2チームに分かれ3mくらい離れて向かい合い、ジャンケンで先攻後攻を決めます。

2.声を出すチームは、司会者の指定した言葉を1人1文字ずつ何を言うか決めます。
司会者の合図で、決められた1文字を大きな声でいっせいに発します。

3.聞き取るチームは、聞き取った文字を組み合わせて答えます。

4.答えるまでの時間と聞き取る回数の少ないチームが勝ちとなります。

聖徳太子のように何人もの声を聞き取ることができるか。


3品しととり

手順
1.参加者が見渡せるように輪になってすわり、順番を決めます。

2.全員が紙に3つの品ものを書きます。

3.しりとりを始め、自分が紙に書いた品物を自分で言うことができたら、その品物をチェックしていきます。

4.紙に書いた3つの品物を、早く消すことが出来た人の勝ちとします。

自分が決めた2つの品物を早くしりとりの中で言えた人が勝ちというゲーム。

彫刻家リレー

手順
1.同人数のチームに分かれ、チーム対抗で行います。
各チームから答える人を1人決めておき、答える人はリレーに加わりません。

2.先頭の人に1枚の画用紙とはさみを渡します。司会者は列ごとに作ってもらいたいものを発表します。

3.司会者の合図で先頭の人が切り出し、10秒経ったら司会者の合図で次の人に渡します。以下次々と渡していき、一番後ろの人までいったら、前へ戻し先頭に戻ったら終了です。

4.チームで作った作品が何かを答える人が当てれば1ポイント。何回戦か行い、ポイントの高いチームが勝ちとなります。

頭でわかっていても、形にするのは難しい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です