ノルディックウォーキングとは、その歴史と健康効果を解説


ノルディックウォーキングとは、1930年代初めにフィンランドのクロスカントリースキーチームの夏場のテクニックトレーニングとして、ポールを持ってハイキングやランニングをしたことから始まります。
それ以降、このノルディックウォーキングは、クロスカントリースキー競技者にとって、重要なオフシーズンのトレーニング方法となっています。

1990年代、ポールを持って歩くことの身体的効果について、フィンランドで活発に研究試験が行われました。
1996年、フィンランドスポーツ研究所、フィンランドのスポーツ用品メーカーと野外レクリエーションスポーツ協会の共同事業のもと、この新しいエクササイズを一般の人々に紹介するに至りました。


1997年、このエクササイズを国際的に「ノルディックウォーキング」という言葉で定義し、最初のカーボンファイバー製ノルディックウォーキング専用ポールが考案されました。
2000年、フィンランド・ヘルシンキに国際ノルディックウォーキング協会が設立されました。
以来、多くのパートナー協力のもと国際的にノルディックウォーキング普及活動を展開し、2009年ではノルディックウォーキング活動は、世界40カ国を越える国で行われています。

フィンランドでは、約82万人が週一回のノルディックウォーキングを楽しんでいると言われます。
これは成人の20%にあたる人口になります。

専用のポールをしようするノルディックウォーキングは、効果的な有酸素運動として、下半身だけでなく腕、上半身の筋肉など、全身を使うエクササイズとして認められています。
また、場所を選らばず一年中どこでもできるので、またたく間に健康的なスポーツとして、人気が高まりました。

ノルディックウォーキングは持久力の向上、上半身および下半身のさまざまな筋肉の強化、メタボリックシンドローム対策、そして全身の血行も促進させます。

ノルディックウォーキングの最大の特徴は、年齢、性別、身体能力にかかわらず、すべての人々に適応するフィットネスエクササイズだということです。
ノルディックウォーキングには、ヘルスレベル、フィットネスレベル、スポーツレベルがあり、各人の体力や目的に合わせて最適なレベルを選択することができます。

ノルディックウォーキング用のポールの長さは、身長×0.68が目安です。
ポールの先を地面に垂直に立て、ノルディックウォーカーのヒジがおおよそ90度になります。

実際のポールの長さは5cm間隔なので、より快適に感じられる長さを選択してください。
その人に合った適切なポールの長さは、最終的には、運動能力、柔軟性、腕の長さ、ウォーキングスピード、地形などで変えていく必要があります。


ノルディックウォーキングの健康効果

・通常のウォーキングでは、心拍数がおよそ130拍/分なのに対して、ノルディックウォーキングは147拍/分と約13%上昇します。
ポールを使用することによって、エネルギー消費量が通常のウォーキングに比べ、平均20%上昇します。

・首、肩にかけての横方向の柔軟性が向上。
もっとも活動する筋肉として、伸縮する上腕筋、肩甲骨周辺の筋肉、大胸筋、広背筋が上げられる。

・首、肩にかけての痛みやこりを解消。

・特定の部位、下半身だけに負担をかけるウォーキングではなく、全身を使うウォーキングということから、同じ時間の運動をするなら、ノルディックウォーキングのほうがダイエット効果が高い。

・1時間あたり400キロカロリーを消費。
通常のウォーキングでは280キロカロリーの消費。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です