子犬の健康チェック、体調チェックのポイント


子犬を飼っていると、「なんだかおかしい」「いつもより元気がない」と感じる時があるかもしれません。
子犬は元気というイメージがありますが、突然体調を崩すこともあります。
体調不良に早期の段階で気づくことができれば、子犬の負担を軽くできるかもしれません。

体調不良の早期発見のためには、体それぞれの箇所の異変を知ると同時に、元気・健康なときの愛犬の状態を覚えておくことも大切です。

子犬の健康チェック、体調チェックの内容

・目
眼球に傷がないかチェックをしましょう。
目が1日真っ赤というときも要注意です。
また、涙が流れすぎている、目元が臭う、などのときも、獣医に相談をしてください。

・鼻
湿っぽいことが健康のサインです。
1日中乾燥していると、なんらかの体調不良をかかえていることがあります。
ちなみに、寝起きは乾燥しています。


・舌と歯ぐき
健康な証拠はきれいなピンク色です。
白くなったり、紫色に変色していると、体のどこかに異常があると考えられます。
ただし、チャウチャウという犬種のみ、舌が常時紫色です。

・耳
きれいなピンク色が健康の証拠です。
赤くなっていたり、黒い汚れがついていると、外耳炎などの耳の炎症や細菌繁殖が考えられます。

・歯
子犬の時期はきれいな白い歯です。
乳歯が抜け落ち、永久歯になると歯のケアをしなければ汚れていきます。
1歳を過ぎても乳歯が残ることもあるので、その際は獣医に相談しましょう。

・体温・脈拍・体重
体温や脈拍、体重を知ることができれば、もっと細かな体調管理ができるでしょう。
体温はおしりに体温計を入れて計る方法が一般的で、脈拍は太もも内側の付け根に大きな血管があり、そこで計測をします。
正しい計測のために、獣医に適切な方法を教えてもらうことをおすすめします。

・肌
少し薄みがかったピンク、すべすべな状態なら健康な肌。
かさついたり、フケが出ていると皮膚炎の疑いがあります。
同時にかゆがる傾向もあります。


・毛並み
つやつやな毛並みが子犬の正しい状態です。
犬や猫などの動物は、体調不良が続くと毛並みが悪化することがあります。
毛並みが悪いと感じたら、犬の様子に気を配ってみましょう。

・肉球
犬は常に裸足の状態です。
激しく遊ぶことで肉球が傷ついたりめくれることがあります。
歩行に不自然な様子が現れるのえ、異変を感じたら肉球を確認しましょう。

・うんち
うんちは健康のバロメーターです。
トイレシーツに少しくっつくくらいが健康な証拠です。
つかめないほど緩かったり、水のような状態が続くのであれば、すぐに動物病院へつれていってあげましょう。

・肛門
ピンク色こそ、健康の証です。
うんちがついたままで放置されてしまうと、雑菌が繁殖してかゆがることがあります。
常に清潔を保つようにしましょう。

・爪
犬種によって爪の色が違います。
常に床につかない長さが適切な長さです。
伸びすぎると、指の形や歩行の様子などに異変が見受けられます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です