株式投資の小額投資、ミニ株、るいとうとは、意味と違いを解説


株式投資の小額投資手法、ミニ株とは

株はすべて1株から買えるわけではなく、1000株、100株といった最低売買単位があります。
500円の株でも売買単位が1000株だと最低でも50万円用意しないと買うことができず、ちょっと手が出ないと感じる人も多いでしょう。
そんなときに役立つのが、通常の売買単位の10分の1で取引できる株式ミニ投資、通称ミニ株というサービスです。
値の張りやすい優良銘柄でも、ミニ株なら本来の10分の1という手ごろな価格で手に入れることができます。

ただしミニ株は証券会社によっては取り扱っていないところがありますし、取り扱っていても希望の銘柄が含まれていない場合もあります。
また、値段を指定した指値注文ができず、成り行き注文しか受け付けません。
場合によっては、予想もしない価格で買うことになる恐れがないとはいえません。
さらに、株数が本来の売買単位に満たないうちは、発行企業の株式名簿に株主として名前が載りません。
このため株主総会への出席はできません。
株主優待も原則受けられませんが、分配してくれる証券会社もあります。
配当金や株式分割は証券会社がまとめて受け取り、保有株数に応じて分配してくれます。

最近は証券会社ごとにS株、プチ株、まめ株、ワン株といったミニ株のように小額で株式投資が行えるサービスも増えています。
売買単位の10分の1に限らず1株の整数倍で買えるなど、ミニ株にない特色を打ち出しているものもあるのです。


株式投資の小額投資手法、るいとうとは

ミニ株と並ぶ小額投資の手法が株式累積投資、通称るいとうです。
一定額を積み立て感覚で継続的に投資していくやり方で、月々1銘柄につき1万円以上1000円単位で購入することができます。
自分で注文を出さなくても証券会社が自動的に買い付けをしてくれるので手間がかかりません。

毎月一定額を買い付けるため、株価の高いときは少ない株数、安いときは多くの株数を購入することになり、結果的に平均購入価格を低く抑えることができる利点もあります。
このように定額買い付けによって購入価格をならす方法をドルコスト平均法といい、長期の資産形成に適した手法とされます。

長期投資をしたい場合、資金を一度に投入してしまうといわゆる高値掴みのリスクがありますが、るいとうによって資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する手法をとれば、高値掴みのリスクを避けることができます。

リスクを抑制し、安定した収益を得たい場合にいい投資手法でしょう。

ただ、上げ相場でるいとうのようなドルコスト平均法を行うと平均購入単価がかえって高くなり、収益を減少させてしまう欠点もあります。
値動きの早い商品で、ハイリターンを目指す投資には向かないといえます。

配当金や株式分割に生じた株は、持ち株数に応じて自動的に分配され、次回の買い付け時に再投資されます。


ミニ株とるいとうの違い

・ミニ株の長所:通常の10分の1の単位で株式投資が可能になる。

・るいとうの長所:積み立て感覚で小額から株式投資が可能になる。

・ミニ株の短所:翌日の寄り付きでしか売買が実行されない。

・るいとうの短所:単位株に達するまで時間がかかる

・ミニ株の必要最低資金:通常の10分の1

・るいとうの必要最低資金:1万円から

・ミニ株の注文方法:成り行きのみ

・るいとうの注文方法:毎月一定額を自動的に買い付けする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です