マンションなど間取りの南向きとは、そのメリットと他の方位との違い


南向きの間取りがベストなのか、そのメリットとは

一般的に南向きの間取りは採光十分で明るい部屋になるので、当然、人気は集中します。
一戸建てでも、土地を買うなら東南の角地が一等地というのが一般常識です。
では、マンションも南向きの物件を選ぶべきなのでしょうか。

また、買いたい物件が二つあり、1つは「南向きだがバルコニーからの景観がよくない」もう1つは「西向きだが景観がよい」というような場合はどうすればいいでしょうか。

気に入った物件が南向きではないから、という理由でどうしようか悩む人も多いようですが、まずは、実際に部屋がどれくらいの日当たりになるかハッキリさせることからはじめましょう。
マンションの配当計画では、近隣との建物の関係をふまえ、各住戸の日照時間をチェックする場合には日影曲線によって検証しています。

居室にどれくらい日差しが差し込み、夏と冬でどう違うのかといった情報は、営業担当者に聞けば教えてもらえます。

大規模開発の大型マンションでは、敷地内に何棟も建てるので、すべての住戸を南向きにするのは困難です。
敷地に対して棟をどう配置するかを配棟計画といいますが、全住戸を南向きにするには、敷地の南側間口を最大限に利用しなければならず、おのずと一戸あたりの間口が狭くなることになります。

全室南向きで計画するよりも、ある程度の採光を確保したうえで、配棟計画を練るケースが一般的です。

また、西向きの部屋は夏などは日差しが強く、家具が日焼けするなど敬遠されがちですが、逆に冬は長い日差しが入り込み、暖かくなります。
北向きの部屋は南向きとは明るさが違い、結露によるカビなどが発生しやすくなります。
東向きは午前中しか光があまり差し込まないので、一日中家にいると暗く感じるケースもあります。

こうした方位による日照の問題も大切ですが、どの方向にどの程度の面積の窓があり、風がどう流れるかというチェックも重要です。


サービスルームのある間取り

マンションの間取りを見ると、各部屋に名称が付けられています。
そのなかで、そこそこの広さがあるのに「SR(サービスルーム)」「N(納戸)」などと表示されている部屋があります。
この部屋は、間取りの中央に配置された窓のない部屋などに表示されています。

マンションに限らず、建築基準法では住宅の居室に一定の採光基準を設けており、この基準を満たしていない部屋は居室とは認められません。

立地などの諸条件がほぼ同じであれば、専有面積が同じでも、SR表示のある部屋がある物件は価格がやや低く設定されているのが一般的です。

居室表示にはなっていなくても、開口部があって風が流れ、自然光が入る部屋であれば、寝室、書斎などの部屋として使うこともできるでしょう。


しかし、「SR」表示より気になるのは「中和室」のように、外部に面する開口部がないのに居室表示がされている部屋です。
この場合、間仕切りが壁ではなく引き戸などの建具で仕切られており、2室を1室として採光基準をクリアしていることになります。

つまり、建具を閉めた状態では、中和室は案外暗い部屋であることも予想されるので、注意が必要なのです。

こうして考えると、SRがあるから損、または得と考えるよりも、家族数や暮らしに合わせた部屋の使い方を考え、総合的に判断したほうが後悔しないでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です