心理学の傍観者効果による責任の分散とその実験例、対策を解説


援助行動の研究は1960年にニューヨークで起こった殺人事件をきっかけに始まったといわれています。
キティという女性が暴漢に殺されそうになり、助けを求めたのを多くの人が知りながら誰も援助せず、女性は殺されてしまったのです。

社会真理学者のラタネとダーリィは、被害者の周りに多くの人が存在したために責任の分散が起こり、援助行動が抑制されたのだと考えました。
これを傍観者効果といいます。


ラタネとダーリィは、仮説を検証するために下記のような実験を行いました。

「大学生活についてディスカッションしてもらう目的で被験者の大学生を集めた。
ディスカッションは2人、3人、6人で行う場合があり、それぞれインターフォンを通じて顔が見えない状態で会話する。
ディスカッションが始まって1人が突然発作を起こし、助けを求めた。
すると、2人でディスカッションしていたときはもう1人がすぐに助けようと行動を起こした。
しかし3人の場合と6人の場合は責任の分散が起こり、すぐに行動は起こさなかった。
特に6人の場合は最後まで助けようとしなかった人が40%近くもいた。」

困っている人を見て援助するかどうかは、他の人の存在だけでなく、他人の判断や行動にも影響を受けます。
お互いがどうするかを見ているうちに、結局行動しなかったということもあり得ます。
これを援助行動の相互抑制効果といいます。


ラタネらのある実験があります。

被験者の大学生にある部屋でアンケートに答えてもらうことにします。
部屋には1人の場合と、自分以外に2人がいる場合があります。
アンケートに答えていると、その部屋の換気口から突然煙が出てきます。
部屋で1人で答えていた場合は、75%の学生がすぐに緊急事態を伝えてきました。
一方、3人いる部屋では、煙が出ても被験者の2人が何もなかったようにアンケートに答えていると、被験者の10%の学生しか立ち上がらなかったのです。
90%の学生は、ほかの2人を見て行動を抑制したのです。

援助行動に関しては、他人がそばにいるときは責任の分散が起きる傍観者効果が働くため、「誰かが助けるだろう」と考え、自分が助けるのを躊躇してしまいます。
そのため、もし自分が援助を求める側になったときは、不特定の誰かに助けを求めるのではなく、誰か1人に的を絞って助けを求めたほうがいいのです。
騒音が大きな場所では、そうでない場所より援助行動が出にくいという実験もあるため注意が必要です。


援助行動の抑制効果としては、交通事故が起きたような緊急事態であったとしても、そこで誰も動こうとしない場合、緊急性はないと判断したり、自分だけ人と違う行動をすると目立って恥ずかしい、といった判断が働きます。

また、援助の返報性という心理効果もあり、一般的に、自分を援助してくれた人には援助をためらわないというものです。
人は、他者から受けた行為を相手に返すという返報性のルールをもっているからです。
これは集団レベルでも見られます。
たとえば、日本が災害に見舞われた際、「かつて自国を援助してくれた」という理由でさまざまな国から援助が寄せられるのも、それにあたります。

あとは、人は機嫌がいいときほど援助行動をしやすいこともわかっています。
このほか、罪悪感を感じているときに援助を頼まれると、積極的に行動を移すという実験結果もあります。

困っている人を助けたいという心は誰しも持っています。
ですが、だからといって必ず助けるとは限らないのです。
これには上記で説明したような心理が働いていたのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です