人工授精など、遺産相続トラブルの実例と解決策


遺産相続トラブルの実例1

・私は他人の精子をもらった人工授精の子供だと言われました。
父の兄弟から、お前には相続権がないと言われたのですが、どうなりますか?

解決策
人工授精はかなりの年数が経っていますが、法的にはまだ新しい問題です。
裁判所全体の態度としては、親子関係は単なる生物的なものだけではなく、生活全般で判断するという傾向にあるようです。
あなたの場合が、父の同意のもとに、親子としての生活をしてきたのであれば、相続権が認められると思われます。


遺産相続トラブルの実例2

私の父は既に死亡しており、先日、後妻の母が亡くなりました。
母の遺産は父から受け継いだものです。
私に相続権はないのでしょうか?

解決策
あなたが義母と養子縁組をしていないかぎり、相続権はありません。
母の遺産が父から受け継いだものであっても今では母の財産であり、母の相続人だけが相続します。
また、あなたが母のために寄与していたとしても、寄与分は相続人だけが主張できる権利ですから主張もできません。
ただし、母に身寄りがなく、相続人がいなければ、遺産の縁故者に対する分与の制度があります。



遺産相続トラブルの実例3

私は父母の離婚で、母と生活を共にし姓も変えました。
父が死亡し葬儀に行くと、相続権はないと言われました・・・。

解決策
離婚したら妻は配偶者ではなくなるので、配偶者としての相続権はありません。
しかし、子供は別です。
親が離婚をし、親権者が妻となっても子は子なので、子供としての相続権はあります。
また、婚姻中の子ですから、相続分は離婚がない場合と同じです。
家庭裁判所の相談所に行き、遺産分割調停を申立てましょう。
ただし、母に身寄りがなく、相続人がいなければ、遺産の縁故者に対する分与の制度があります。


遺産相続トラブルの実例4

私は亡くなった内縁の夫の老後の面倒を見てきました。
婚姻届がないというだけで、相続権がないということですが・・・。

解決策
民法の相続法では、婚姻届をした正式の夫婦だけが、配偶者としての相続権を持ちます。
したがって、内縁であれば、夫が遺言や生前贈与で内縁の妻の財産の配慮をしなければなりません。
それが無い場合は、他の正規の相続人がいれば、勝ち目はないでしょう。



遺産相続トラブルの実例5

私は愛人の子として生まれましたが、認知を受けないまま、父は死亡しました。
認知を受けて相続人になるにはどうすればいいのでしょうか。

解決策
子供が相続人になれますが、子供であるかどうかは戸籍上、子として認められるかどうかにかかっています。
したがって、まず認知を得なければなりません。
認知の訴えは、人事訴訟法二条により人事訴訟となり、家庭裁判所の管轄となります。
家庭裁判所では、子であるかどうかを調べます。
父が死亡しているとすれば、検査が困難ですが、事を尽くしてみましょう。


遺産相続トラブルの実例6

私は父がアメリカに赴任したときにアメリカ人の母との間に生まれた子供ですが、父には認知されておらず、日本国籍もありません。
相続権はあるのでしょうか。

解決策
相続権には、国籍の有無は関係ありません。
ただ、認知されていないとなれば、公式に父子関係が認められていないことになり、いきなり相続権ありとはいえません。
要は認知があるかどうかです。
父が死亡していれば、父の残した頭髪やそのほか血液などがあれば、親子鑑定ができ、認知判決を得ることができるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です