眼の視覚器官の名称と役割を解説


強膜

外圧や内圧から眼球全体を守るための一番外側の膜です。
球体の硬い膜になっていて、眼球を強く押しても目が凹まないのは、強膜があるからです。
目を正面から見た場合、白目の部分は強膜の一部が見えたものです。

脈絡膜(みゃくりゃくまく)

脈絡膜、網膜の位置を記した眼の画像

強膜と網膜の間にある膜です。
水晶体以外の部位から、眼球内に光が進入するのを防ぐ役目をもちます。
脈絡膜には血管が通っており、眼球全体に栄養分を補給する役割も担っています。

網膜

外界の像をキャッチして、鮮明な像を映し出すスクリーンの役割を担う膜です。
眼球を覆う膜の一番内側にあたります。
光を色としてとらえる大切な働きをする部位です。


角膜

角膜、水晶体、毛様体、虹彩の位置を記した眼の画像

黒目の部分を覆っている透明な膜です。
見た目の像を視力を持つ中心窩に鮮明に映し出すために、目の中に入射した光を屈折させる役割を担っています。
私たちは瞳孔という小さな穴を通して外を見ているのに、広い視野を持つことができるのは、この角膜が広い角度からの光をうまく屈折しているからです。
この角膜の屈折率は水晶体よりも大きくなっています。

水晶体

外界の像を中心窩に鮮明に映し出すため、焦点距離を調整する器官です。
近くのものを見るときは厚く、遠くのものを見るときは薄くなってピントを調節します。
角膜ほど屈折は強くないですが、水晶体は微調節を行うことができます。

毛様体筋(もうようたいきん)

水晶体を支え、その厚みを変化させるための筋肉です。
毛様体筋が緊張したり弛緩することで水晶体が薄くなったり厚くなったりし、それによって屈折率がかわり、近くにピントがあったり、遠くにピントがあったりと調整できます。

虹彩(こうさい)

目の中に入ってくる光の量を調整する器官です。
いわばカメラの絞りの役割を担っています。
いわゆる茶目というのは、この虹彩の色のことです。
中央に穴があいていて、この穴からのみ外界の光を取り入れます。


瞳孔

目の中に光を通す穴。
瞳孔という器官はなく、虹彩に遮られなかった穴の部分をさします。
外界の光は瞳孔を通ってのみ目の中に入ってきます。

硝子体

眼球内のほとんどを占めているゼリー状の透明な物質です。
眼球を内部から支える役割があります。
カメラの暗箱に相当し、硝子体が正常な形を保っていれば、外界の像は網膜上に正しく焦点を結ぶことができます。

中心窩(ちゅうしんか)

網膜の中心部分にある小さなくぼみです。
錐体という視細胞が数多く密集しているところで、物の色や形の鮮明度が際立って高く、色がよく見える部分です。
たとえば、新聞を読む時、鮮明に見えている文字はせいぜい3文字程度で、その周囲はぼやっとしか見えていないはずです。
このとき、鮮明に見えている3文字手から反射される光はちょうど中心窩で像を結んでいるのです。
周りの文字は、中心窩からずれたところに像を結んでいるので、ぼやっとしか見えていません。

視神経乳頭

脳に電気信号を送る視神経の入り口です。
網膜でとらえた信号を脳に伝えるために、網膜の一部に空いた穴の部分をいいます。
視神経乳頭には視細胞が存在しておらず、盲点といって物を見ることができない部位になっています。
そのため、正常な人でもはっきりみえる中心からやや外に物が見えない部位があります。
普段は両目で見ていて盲点をカバーしているため気づくことはまずありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です