レコード会社に就職するには、求められる人材と仕事内容を解説


音楽関連の仕事でイメージされる企業は、やはりレコード会社といえるでしょう。
しかもレコード会社の仕事は、音楽ソフトを製作し、パッケージにして販売することがメインですから、入社しなくても、なんとなく仕事内容が想像できる職種といえるでしょう。
しかし、イメージはあくまでも想像の範疇であり、具体的にどんな仕事をしているかまでは、実際に働いて見ないとわからないともいえるでしょう。

そして、レコード会社への入社方法ですが、新卒者を募集している場合は、多くの学生たちが各レコード会社のドアを叩きます。
しかし、新入社員を全く募集しない年も珍しくなく、募集したとしても若干名というのが現状です。
つまり、レコード会社に入社するには、非常に狭き門を潜りぬけなければならないわけです。
とはいえ、学生時代からレコード会社でアルバイトをし、そのまま社員になっていく人もいますし、派遣、契約といった形での社員も存在するので、どうしてもレコード会社で働きたいのであれば、いろいろな方法があるともいえます。
ただし、派遣や契約社員から正社員への登用は、よほど優秀な人材でないかぎり難しいのが現実です。
それよりも、即戦力のある人材を求めている場合が多く、中途採用の募集は随時行われているので、そういった情報が常にチェックできるよう、アンテナを張っておくことも必要です。


では、レコード会社では、どういったタイプの人材が求められているのでしょうか。
製作、宣伝、販売促進、営業など、各部門によって違いはあるものの、共通してることは、体力と精神力のある人が求められているようです。

実際、働いている人は「終電で帰るのは当たり前」で睡眠時間はけずられ、「休日返上もザラ」ということなので、ストレスも多く、精神を支える体力がないと務まらないということです。

また、音楽が好きというのは当たり前の世界で、それ以外に何か得意な分野がないと売りにならないという現実もあるようです。
とはいえ、その得意なことは本当に特別なことでなくても、たとえば、クルマでも料理でも何でもよく、何か面白い人とおもわれるようなことがあればレコード会社の人に認められることもあるのです。

では、レコード会社で働くために、どのような勉強をするべきでしょうか。
そのひとつとして、「英語ができたほうがいい」「マスコミ関係のアルバイトはいい経験になる」「映画や本をたくさん読んでいるといい」といった意見がレコード会社の人たちから聞かれます。

これらをまとめると、現在レコード会社で求められている人材は、体力、精神力があり、人とのコミュニケーションが上手な人、さらに、音楽関係以外で特技があるというのも暗黙の条件のようです。
英語もできたほうがいいし、アイデア豊富な人も重宝されます。


レコード会社に新卒で入社した場合、最初に配属されるのは営業部であることが多いようです。
もちろん、会社によっては、入社早々、製作部や宣伝部に配属になる場合もあるので一概にはいえませんが、居tルパン敵には、まず地方でセールスマンとしての実績を積み重ねるところからスタートするようです。

具体的な仕事内容としては、自分のテリトリー内の販売店を回り、注文を取ってくるのが主な仕事になりますが、その前段階として、翌月、もしくは翌々月にリリースされる新譜の音を聴く視聴会に参加したりします。

他のレコード会社の仕事としては、「販売促進」があります。
これは、簡単にいえば、営業担当の指令部隊、または統括部門といっていいでしょう。
つまり、CDを売るためにどうしたらいいか、具体的な企画を練るセクションです。
たとえば、あるアーティストが人気の歌番組に出演することが決定したとします。
その場合、通常、放映日の翌日は一気にCDの売上げが伸びるので、オンエア日に合わせて、そのアーティストのCD枚数を店頭に増やしてもらうよう、営業担当に指示を出す、などです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です