宮崎駿の生い立ちとスタジオジブリの代表作品一覧


宮崎駿の生い立ちと代表作品

宮崎駿は、東京生まれ、飛行機会社役員の父を持ちます。
学習院大学政治経済学部在学中は漫画家を志しますが、アニメーションにも関心を持ち、卒業後の63年、最後の定期採用で東映動画に入社します。
同社の映画作品においてアニメーターとして頭角を現し、高畑勲監督の盟友となって会社を移りながら、「アルプスの少女ハイジ」など多くのテレビ作品で活躍しました。
78年に「未来少年コナン」で初の単独演出、まもなくテレビ版も手がけた「ルパン三世」の劇場版「ルパン三世・カリオストロの城」で映画監督デビューをします。

監督第一作の公開当時は一部に支持されただけでしたが、自身の漫画原作を映画化した1984年の「風の谷のナウシカ」はキネマ旬報ベストテンにもランクインし、その名を広く知らしめました。
85年、製作拠点として高畑と共にスタジオジブリを設立、1986年の「天空の城ラピュタ」に続く1988年の「となりのトトロ」がアニメーションでは初のキネマ旬報ベストテン1位に輝き、作家としての地位を確たるものにします。
1989年の「魔女の宅急便」以後は興行収入でも常に上位に位置して人気と評価の伴う監督となり、1997年の「もののけ姫」は興行記録を塗り替える大ヒット、2001年の「千と千尋の神隠し」でさらに「タイタニック」を越えて国内市場第一位の記録を樹立します。
また同作はベルリン国際映画祭で金熊賞、アカデミー賞で長編アニメーション賞と、世界でも一流の評価を得ることを示しました。
以後も寡作ながらアニメーション大作を製作、桁外れの興行成績を収めつつ作家主義的な映画作りに邁進しています。
2005年には、ヴェネチア映画祭で栄誉金獅子賞を受賞します。


ジブリの主義

一般にエコロジーや文明批評といったテーマ性と「飛翔の作家」とも称される動画の威力との画面から作家性が語られます。
「天空の城ラピュタ」の飛行機械、「魔女の宅急便」のホウキ、「紅の豚」のプロペラ戦闘機など、物語主題と密接した飛行場面の演出には定評があり、「風の谷のナウシカ」や「もののけ姫」における環境と人間・文明の関係を問う姿勢は、子供向けの通念に縛られたアニメーションを大人の鑑賞対象に押し上げました。
テーマ追求を極めた「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」以後は、物語の完成度より、動画や表現の愉しさに熱意を注ぐ傾向にあります。
この作家性の背景にあるのがスタジオジブリという特異な製作現場でした。
企画・脚本から設定・原画・演出のすべてに手を入れるワンマンスタイルの映画製作に専念し、そのためのスタッフ育成や環境整備も行ってきたスタジオはアニメーション界に希有な存在であり、2008年の「崖の上のポニョ」の驚異的な動画もジブリあってのもの。
後進の育成に成果が見られないという弱点はあるものの、この製作環境を作り上げた過程もまた作家活動のひとつに数えられます。


スタジオジブリの主な作品一覧

・1979年 ルパン三世・カリオストロの城
・1984年 風の谷のナウシカ
・1986年 天空の城ラピュタ
・1988年 となりのトトロ
・1989年 魔女の宅急便
・1992年 紅の豚
・1995年 On Your Mark
・1997年 もののけ姫
・2001年 千と千尋の神隠し
・2004年 ハウルの動く城
・2008年 崖の上のポニョ

・ルパン三世・カリオストロの城
ルパン三世劇場版の第二作で、映画専門作家主義体制に入る以前の集大成作品。
キネマ旬報誌のオールタイム・ベスト・テン企画ではアニメ部門一位に選出。

・千と千尋の神隠し
「もののけ姫」の興行記録は「タイタニック」に抜かれたが、本作で抜き返し興行収入304億円を達成。

・崖の上のポニョ
「千と千尋の神隠し」以後のデジタル製作をやめ、旧来の手書き製作を行って動画本来の魅力と絵画的美学を開拓しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です