文章で文末の表現の基本と現在形、過去形の使い分け


日本語の時間は文末の述語で表され、現在形「する」と過去形「した」があります。
現在形「する」は非過去形とも呼ばれ、現在の習慣や未来を表します。
現在進行中のことは継続形「している」で表します。

現在の習慣
犬は毎日えさを食べる。

未来
犬はこれからえさを食べる。

現在進行中
犬が今えさを食べている。

一方、過去形「した」は過去だけでなく、完了も表します。

過去
犬が昨日えさを食べた。

完了
あ、犬が今えさを食べた。


これらは、ルールを守らないとおかしなことになってしまいます。
例えば下記のように。

・犬がこれからえさを食べた。(時間は未来で動詞は過去形)
・犬がきのうえさを食べる。(時間は過去で動詞は現在形)

文がつながっていても、同じ時間に支配されていれば、文末の形は同じになります。

・時間に合わせて現在形か過去形かを決めないと不自然な文になる。
・同じ時間の複数の文が連続する場合、文末をそろえて一貫させることで、リズムが出る。

文末を過去形「した」で統一すると、リズムは出ますが、単調になりがちです。
その単調さを防ぎ、描写に臨場感を持たせるために、過去形に現在形を交ぜる手法もあります。


例えば、下記の文章の「修正前」と「修正後」を比べてみてください。

修正前
年の離れた弟と、近所の雑木林にクワガタを捕りに行った。
久々のクワガタ捕りに、かつての昆虫少年の血が騒いだ。

早朝、5時半ごろ雑木林のなかに入った。
空気がひんやりしていて気持ちがよかった。
なかなか見つからなかったのだが、そのうち樹液の出ているウロのまわりにノコギリクワガタが2匹止まっていた。
逃げられないようにそっと指でつまんで、かごの中に入れた。

弟も見つけたようで、嬉しそうに駆け寄ってきた。
見ると、手には大きなカブトムシのオスが握られていた。
よくやったなと声をかけたら、嬉しそうな顔をした。


修正後
年の離れた弟と、近所の雑木林にクワガタを捕りに行った。
久々のクワガタ捕りに、かつての昆虫少年の血が騒ぐ。

早朝、5時半ごろ雑木林の中に入った。
空気がひんやりしていて気持ちがいい。

なかなか見つからなかったのだが、そのうち樹液の甘いにおいを放つ1本の木を見つけた。
その木の裏を覗き込むと、いるいる。
樹液の出ているウロのまわりにノコギリクワガタが2匹止まっている。
逃げられないようにそっと指でつまんで、かごのなかに入れた。

弟も見つけたようで、嬉しそうに駆け寄ってきた。
見ると、手には大きなカブトムシのオスが握られている。
よくやったなと声をかけたら、嬉しそうな顔をした。


「血が騒ぐ」「気持ちがいい」は、書き手の感じたこと、すなわち心の動きを表しており、現在形のほうが落ち着きがよさそうです。
一方、「いるいる」「止まっている」は書き方がその場で目にしたことを表しており、現在形でおかしくありません。

最後の「握られている」も、書き手が目にしたことを表し、かつ、段落のなかほどの文であり、現在形でも通用しそうです。
上記のような修正が、過去形の文章に現在形を交ぜるコツです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です