小説家、作家の原稿料や印税の収入はどれくらいか


小説家などの作家の収入は大別すると、勤労収入と不労収入にわかれます。
勤労収入と不労収入はその名の通り、働いて得られるものと、働かないで得られるもので、労働量と収入が比例しないのも、この業界の特色です。

勤労収入は、原稿料、初版印税、インタビュー謝礼、テレビ等の出演料、講演謝礼など。
不労収入は、重版印税、文庫印税、映像化権料などです。

小説家の仕事は、知名度と収入と著書の実売部数との間には相関関係がありません。
仕事全体のなかでこれらの構成が人によって格段に違うからです。
講演やテレビ・ラジオなどのメディアからの報酬が主たる小説家の場合、知名度は圧倒的です。
しかしその層と小説を買う層は違うこともあります。

ライトノベルや官能小説は、文庫書き下ろしが主体で、これらが書評の爼上にあげられることはめったになく、その結果、一般的な知名度は皆無に等しかったりします。
ですが、ライトノベルや官能小説は決して売れていないわけではなく、むしろ書店でそれらの本に割かれている棚の幅は十分に広く、これらがいかに書店のなかで重要な位置を占めているかがわかります。


原稿料

原稿料は400字詰め原稿用紙換算枚数単位でカウントされる場合と、一本いくらと計算される場合があります。
英語圏では一語いくらとカウントされるそうですが、日本ではそんな例は聞きません。

エッセイやコラムは1本いくらで計算されるのが普通で、小説の場合は枚数で計算されるのが普通です。
新聞・週刊誌・一般雑誌・小説雑誌などの媒体によって差があり、同じ小説雑誌でも、会社によって倍ほど違う場合も珍しくありません。

ある小説家の場合、最高で原稿用紙換算1枚6万円。
最低で20枚1500円ほど。

印税率

印税は正確には「著作権使用料」といいます。
刊行物について、出版社から著者に支払われるものです。

条件に若干の差がありますが、おおむね定価の一割が印税分に割り当てられます。


小説の場合は著者が一人なので印税は著者の総取りとなります。
複数の著者がいるアンソロジーの場合、編集者の編集料を差し引いた残りを著者の人数で割っていきます。

普通は刊行部数に応じて印税が支払われます。
返本があっても印税を返さないといけないようなことはありません。

電子書籍の場合、実売部数の把握が容易なせいか、実売印税が普通です。
電子書籍の印税率は紙媒体より若干高めに設定してありまs。

電子書籍の印税率は一定でなく、出版社ごとに異なっています。
また、電子書籍は電子書籍書店ごとにファイル形式や卸売価が異なるため、同じ出版社の同じ電子書籍でも、販売経路によって印税率がとても違ってきます。

講演をしたときの謝礼

作家だけではありませんが、講演の依頼がきて仕事をした場合、その謝礼が収入になります。
たいていは銀行振り込みでなく、現金手渡しで謝礼をもらえます。

映像化の権料

小説なども、知名度が上がると映像化の申出が来たりします。

映像化権料は印税と違い、基本的に固定です。
大きくコケてもとりっぱぐれがないかわり、何十億もの興行収入があっても原作者には支払われません。
漫画のアニメ化と同じく、原作の売上げがアップするのが一番のメリットだと思われますが、作品によってはドラマ化や映画化されてもあまり原作の売上げにつながらないこともあるので必ずしも原作者に大きなメリットがあるとはいえません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です