FXとは何か、その仕組みと証拠金の意味を解説


様々な理由で取引される外国為替市場の中でも、今、最も注目を集め、取引量が増えているのがFXです。

これは1998年に外国為替および外国貿易法が改正され、それまで銀行に限られていた外国為替取引が、幅広く一般に開放されたことで生まれた取引です。
取引業者に預け入れた資金を担保とすることで、元手の何十倍もの金額の取引ができることなどから開始されてから数年で急激に取引量を増やし、今では東京外国為替市場の1割以上の取引高を占めると言われています。

外国為替証拠金取引(FX)の魅力でもあり、わかりにくくしている部分でもあるのが、「証拠金」という取引制度です。
FXでは、預け入れた資金を取引の売買代金としては利用しません。
証拠金という形で、取引代金とは別に扱われます。

FXでは、と取引額の全額を受け渡しするのではなく、取引を決済した際に生じる損益分についてのみやりとりを行う、差金決済という形をとっています。
そして、取引業者に預け入れた資金は、もし取引で損が出た場合に、その損を支払うための証拠金(担保)として利用されます。


1ドル115円として、例えば1万ドルの外貨預金をするためには、1万×115円で、115万円を支払ってドルを買う必要がありますが、FXでは、5万円程度の資金を証拠金としえ預けることによって、1万ドルの取引が可能になります。
これは、1万ドルを買うにあたって必要な115万円という金額を取引業者から借りてきて、その借りた担保として、最初に預け入れた金額である5万円が使われるという考え方をするとわかりやすいでしょう。

もし、1万ドルの買いポジションを持った後に1ドル114円までレートが下がってしまったとします。
最初に115万円借りたのに対して、持っているドルの価値は114万円しかありません。
しかし、最初に担保として5万円預けていることで、取引が続けられるというわけです。
どこまで最初に預け入れる証拠金が必要であるか、どこまで損失を許容するかというのは、取引業者によって変わってきます。
例えば、FXの取引業者であるFXCMジャパン社の場合、最低限維持しなければならない証拠金は2万円です。
この預け入れた証拠金から評価損を引いた金額が2万円を割り込むまで、取引が可能というわけです。

仮に5万円を預け入れて1ドル115円の時に1万ドル買うとしましょう。
この場合、1ドル112円までレートが下がってしまうと、最初に借りた115万円に対して1万ドルの価値が112万円に下がってしまったわけですから、評価損は3万円。
5万円から3万円を差し引くと、担保としての証拠金は残り2万円しか残っていませんので、あと1銭でもレートが下がってしまうと、強制的に取引が決済されて損失が確定するという仕組みです。


この証拠金という仕組みを使うことで、元手に対して大きな金額を取引できるだけでなく、ドル円の売りから取引を始めたり、円と関係のない通貨を取引することも可能です。

預け入れた資金は、あくまで担保として利用されます。
そのため、ドル円を買う場合でも、取引に必要な円は業者から借りてくるわけですから、最初にドルを借りてきて、それを売り、円を受け取るという取引から入っても問題ありません。
ドルを買い戻す際に損失が生じた場合の担保として、最初の資金が利用されます。

先ほどの例とは逆に、売りから入った時のことを考えてみましょう。
1ドル115円の時に、1万ドルを取引業者から借りてきて、それを売り、115万円を受け取ります。

1ドル114円になった時に、1万ドルを買って114万円を支払います。
借りていた分の1万ドルは買い戻して差し引きゼロ。
最初に115万円を受け取って、114万円を支払ったのですから、差し引き1万円の儲けがあったということになります。
逆に、1ドル116円になってしまうと、1万円の損が出るわけですが、そんな時のための担保に、最初に5万円を証拠金として預けていたというわけです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です